英語

どう違う?「former」と「previous」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「former」と「previous」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「former」とは?

「former」とは、過去に存在したある状態や関係を示す形容詞です。具体的には、「前の」「前者の」といった意味を持ちます。

「previous」とは?

「previous」とは、時間的な順序や位置関係で、何かが前にあることを示す形容詞です。つまり、「前の」「以前の」といった意味を持ちます。

「former」と「previous」の違い

「former」と「previous」は、どちらも「前」という意味を持ちますが、使い方に微妙な違いがあります。

「former」は、二つの対象物や状態のうち、前者を指すときに使われます。一方で、「previous」は、時間的な順序や位置関係を表す際に使われます。

具体例を挙げると、「I have two brothers. The former is a doctor, and the latter is an engineer.(私には兄が二人います。前者は医者で、後者はエンジニアです。)」のように、「former」は二つの兄のうちの前者を指し示しています。

また、「I went to Japan last year. The previous year, I visited France.(私は去年日本に行きました。その前の年は、フランスを訪れました。)」のように、「previous」は時間的な順序を表示しています。

「former」の例文

– I used to live in Tokyo, but now I live in Osaka.(私は以前東京に住んでいましたが、今は大阪に住んでいます。)
– She is my former colleague.(彼女は私の元同僚です。)
– The former president of the company retired last year.(その会社の前社長は昨年引退しました。)

「previous」の例文

– I lost my previous job, so I am looking for a new one now.(前の仕事を失いましたので、今は新しい仕事を探しています。)
– He failed the previous exam, but he is determined to pass the next one.(彼は前の試験に落ちましたが、次の試験に合格する決意をしています。)
– My previous apartment was smaller, but this one is bigger and more comfortable.(前のアパートは小さかったですが、これは大きくて快適です。)

まとめ

「former」と「previous」は、どちらも「前の」という意味を持ちますが、微妙な違いがあります。「former」は二つの対象物や状態のうち、前者を指す際に使われ、一方「previous」は、時間的な順序や位置関係を表す場合に使われます。