専門用語・業界用語

どう違う?「excerpt」と「extract」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「excerpt」と「extract」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「excerpt」とは?

「excerpt」とは、文章やテキストの一部分を抜粋したものを指します。元の文章から重要な箇所や要点を取り出したものです。

「extract」とは?

「extract」とは、主に情報やデータを抽出することを指します。文章や文書から必要な情報を取り出す処理や操作のことを意味します。

「excerpt」と「extract」の違い

「excerpt」と「extract」は共に抽出や取り出しを意味しますが、違いがあります。主な違いは以下の通りです。

– 「excerpt」は文章の一部分を抜粋する意味で使われることが多い一方、
– 「extract」は情報やデータを抽出する意味で使われることが多いです。

「excerpt」の例文

例えば、ある小説の要約を作成する際に、重要な場面やストーリーの骨子を抜粋することがあります。
以下はその一例です。

“彼は大きな決断を迫られた。彼女との関係を続けるか、それとも別れるか。彼は長い時間を費やし、自分の気持ちを整理した。最終的に、彼は彼女と別れる決断を下した。”

この例文では、物語の重要な場面である彼と彼女の関係に関する決断が抜粋されています。

「extract」の例文

例えば、ある調査結果のレポートを作成する際に、必要なデータを抽出することがあります。
以下はその一例です。

“調査結果からは、男性よりも女性の方が新しいテクノロジーに対する興味が高いことがわかった。具体的には、25歳から35歳の女性が最も関心があり、その中で特にスマートフォンに興味を持っていることが分かった。”

この例文では、調査結果からのデータ抽出によって、男女の興味関心に関する情報が抜粋されています。

まとめ

「excerpt」と「extract」は、抽出や取り出しを意味する言葉ですが、使用される文脈や目的が異なります。「excerpt」は文章の一部を抜粋したものを指し、「extract」は情報やデータを抽出することを指します。注意しながら適切な使い方をすることが大切です。