金融・経済

どう違う?「earnings」と「income」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「earnings」と「income」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「earnings」とは?

「earnings」とは、特定の期間において得た収入や利益のことを指します。主に個人や企業の収益を表す言葉として使用されます。

「income」とは?

「income」とは、個人や企業が得た収入全般を指します。給与や賃金、ビジネスからの収入など、あらゆる収入源を含む広い意味を持ちます。

「earnings」と「income」の違い

「earnings」と「income」の違いは、主に対象範囲と表現の仕方にあります。

「earnings」は通常、特定の期間に得た収益や利益に焦点を当てます。一方、「income」は個人や企業の総合的な収入を指します。

また、「earnings」は利益や収益を示す際によく使用されますが、「income」はより広範囲な収入源を含みます。具体的な収入の種類に応じて、適切な言葉を使い分けることが重要です。

「earnings」の例文

例文1:昨年の第四四半期の企業の「earnings」は、予想を上回る成果をあげました。
例文2:個人の「earnings」を増やすためには、副業を始めることが有効です。

「income」の例文

例文1:給与以外の「income」を得るためには、投資や不動産などの収益源を活用することが重要です。
例文2:個人の「income」を増やすためには、スキルを磨くことやキャリアアップを目指すことが大切です。

まとめ

「earnings」と「income」は、収入や利益を表す英単語ですが、それぞれ異なるニュアンスや使用方法があります。

「earnings」は特定の期間の収益や利益を指し、企業や個人の成果を評価する際に使用されます。

一方、「income」は広い意味での収入全般を指し、給与やビジネスからの収入など、あらゆる収入源を含みます。

適切な文脈や目的に応じて、正確な言葉の選択が重要です。