専門用語・業界用語

どう違う?「closure」と「close」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「closure」と「close」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「closure」とは?

closureは、プログラミングにおいて、関数内部で定義された関数が外部のスコープにアクセスできる性質を指します。関数内部で定義された関数がその外側の関数の変数や引数にアクセスできるため、便利な機能として利用されます。

「close」とは?

closeは、英語の動詞で、「閉じる」という意味を持ちます。また、名詞としては「閉まっている状態」という意味もあります。

「closure」と「close」の違い

closureとcloseは、意味や使われる文脈が異なる言葉です。closureはプログラミングにおける特定の概念を指し、closeは一般的な英単語として「閉じる」という意味を持ちます。文脈によって使い分けがされるため、注意が必要です。

「closure」の例文

1. JavaScriptでは、関数内に別の関数を定義することによりclosureを作ることができます。
2. Rubyのブロックはclosureとして機能し、外側の変数にアクセスすることができます。

「close」の例文

1. Please close the door when you leave the room.
2. I always close the window before going to bed.

まとめ

今回は、「closure」と「close」について説明しました。closureはプログラミングにおいて重要な概念であり、関数内に定義された関数が外部のスコープにアクセスできる性質を指します。一方で、closeは一般的な英単語であり、「閉じる」という意味を持ちます。