専門用語・業界用語

どう違う?「average」と「mean」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「average」と「mean」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「average」とは?

「average」とは、複数の数値の合計をその個数で割った値を指します。一般的には平均値と呼ばれ、データの中心的な値を表す指標です。

「mean」とは?

「mean」とも言われる「average」と同様に、複数の数値の合計をその個数で割った値を指します。平均値と呼ばれることもあります。

「average」と「mean」の違い

「average」と「mean」は同じ意味で使われることがほとんどです。どちらも複数の数値の合計をその個数で割った値を表します。違いはほとんどありません。

「average」の例文

例えば、あるクラスの生徒のテストの点数が以下のようになっていたとします。
– 生徒A: 80点
– 生徒B: 85点
– 生徒C: 90点
– 生徒D: 75点
– 生徒E: 95点

これらの点数の「average」としては、(80 + 85 + 90 + 75 + 95) / 5 = 85点となります。

「mean」の例文

「mean」としても、上記の例文と同じく、生徒のテストの点数の平均値を求めることができます。

まとめ

「average」と「mean」は、複数の数値の合計をその個数で割った値を表す指標です。どちらを使っても同じ結果を得ることができます。例文を通じて、具体的なイメージを持ってもらえたかと思います。