英語

どう違う?「anyways」と「anyhow」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「anyways」と「anyhow」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「anyways」とは?

「anyways」とは、話し言葉やカジュアルな文章で使用される副詞です。主に「とにかく」「ともかく」といった意味で使われ、文脈によっては「とにかく話を戻して」といったニュアンスも含まれることがあります。

「anyhow」とは?

「anyhow」とも、話し言葉やカジュアルな文章で使用される副詞です。主に「とにかく」「いずれにせよ」といった意味で使われ、文脈によっては「とにかくやってみる」といったニュアンスも含まれることがあります。

「anyways」と「anyhow」の違い

「anyways」と「anyhow」は意味と使い方は似ていますが、微妙な違いが存在します。

「anyways」は、話し言葉やカジュアルな文章でよく使われる表現であり、特に制約なく使用されます。

一方、「anyhow」は「ともかく」「いずれにせよ」といった意味合いよりも、行動や結果に対してある程度の強さや断固さを示すことがあります。

また、「anyhow」は、「とにかくやってみる」といった意味でも使われることがあり、行動に対して肯定的なニュアンスを持ちます。

「anyways」の例文

1. 「I’m not really sure if I can make it, but anyways, I’ll give it a try.」(ちょっと自信がないけど、とにかくやってみるよ。)
2. 「Anyways, enough about me. Let’s talk about you now.」(とにかく、私のことはもういいよ。今度はあなたの話をしよう。)

「anyhow」の例文

1. 「I didn’t have much time to prepare, but anyhow, I’ll do my best.」(あまり時間がなかったけど、とにかく頑張るよ。)
2. 「I’m not sure if it will work, but I’ll try it anyhow.」(うまくいくかわからないけど、とりあえずやってみるよ。)

まとめ

「anyways」と「anyhow」は、話し言葉やカジュアルな文章で使われる副詞であり、「とにかく」といった意味を持ちます。ただし、「anyways」は制約なく使用され、特に強いニュアンスはありません。「anyhow」はある程度の強さや断固さを示すことがあり、行動や結果に対して肯定的なニュアンスも含まれる場合があります。使い分けには注意しましょう。