英語

どう違う?「afraid」と「scared」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「afraid」と「scared」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「afraid」とは?

「afraid」とは、恐れや不安を感じるという意味です。

「scared」とは?

「scared」とは、恐ろしい状況や出来事から強い恐怖を感じるという意味です。

「afraid」と「scared」の違い

「afraid」と「scared」の違いは、程度や表現の仕方にあります。
「afraid」は、恐れや不安を感じるという一般的な意味ですが、感情がやや軽い場合に使われます。
一方、「scared」は、強い恐怖を感じるという意味であり、より強い感情を表現するために使用されます。

「afraid」の例文

1. I’m afraid of spiders.(私はクモが怖いです。)
2. Don’t be afraid to ask for help.(助けを求めることを恐れないでください。)
3. She was afraid to speak in public.(彼女は人前で話すことを恐れていました。)

「scared」の例文

1. I’m scared of horror movies.(私はホラー映画が怖いです。)
2. The loud noise scared the dog.(大きな音が犬を怖がらせました。)
3. He was scared to go on the roller coaster.(彼はジェットコースターに乗ることを怖がっていました。)

まとめ

「afraid」と「scared」は、恐れや不安を感じるという意味では似ていますが、程度や感情の強さに差があります。
「afraid」はやや軽い恐れや不安を表現する際に使用され、一方「scared」は強い恐怖を感じる場合に使われます。