英語

どう違う?「actually」と「really」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「actually」と「really」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「actually」とは?

Actuallyは、実際に、実はという意味で使われます。主に会話や文章で相手に対して事実や真実を伝える際に使われます。

「really」とは?

Reallyは、本当に、実際にという意味で使われます。主に会話や文章で相手に対して強調や確認をする際に使われます。

「actually」と「really」の違い

「actually」と「really」の違いは、その使われ方にあります。Actuallyは真実や事実を伝える際に使われ、Reallyは強調や確認をする際に使われます。

「actually」の例文

– I thought he was the oldest, but actually he’s the youngest.
(彼は一番年上だと思っていたけど、実は一番年下だった。)

– I actually enjoyed the movie more than I expected.
(実は予想以上にその映画は楽しかった。)

「really」の例文

– Are you really going to eat all that cake by yourself?
(本当にそのケーキ全部を一人で食べるの?)

– I’m really tired today, so I think I’ll go to bed early.
(今日は本当に疲れているので、早く寝ようと思う。)

まとめ

「actually」と「really」は、似たような意味を持つ単語ですが、使われ方には違いがあります。Actuallyは事実や真実を伝える際に使われ、Reallyは強調や確認をする際に使われます。どちらも会話や文章で重要な役割を果たす言葉なので、適切な場面で使いましょう。