状態

どう違う?「晴れ」と「曇り」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「晴れ」と「曇り」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「晴れ」とは?

晴れとは、天気が晴れていることを指します。空が明るく、雲がほとんどない状態を晴れと言います。

「曇り」とは?

曇りとは、天気が曇っていることを指します。空に雲が多く広がっており、日光が遮られている状態を曇りと言います。

「晴れ」と「曇り」の違い

晴れと曇りの違いは、主に天気の状態にあります。晴れは空が明るく、雲がほとんどない状態ですが、曇りは空に雲が多く広がっている状態です。また、晴れの場合は日差しが強く、青空が広がっていることが多いですが、曇りの場合は日差しが遮られているため、空がくすんだような色をしています。

「晴れ」の例文

1. 今日は晴れているので、ピクニックに行きましょう!
2. 晴れた日は洗濯物が良く乾きますね。
3. 晴れの日にはお散歩が気持ちいいです。

「曇り」の例文

1. 明日は曇りの予報ですので、傘を忘れずに持っていきましょう。
2. 曇りの日は室内で過ごすのもいいですね。
3. 曇りの日は散歩に行くと涼しいです。

まとめ

晴れとは、天気が晴れていることを指し、空が明るく、雲がほとんどない状態です。一方、曇りとは、天気が曇っており、空に雲が多く広がっている状態です。晴れの場合は日差しが強く、青空が広がっていることが多いですが、曇りの場合は日差しが遮られており、空がくすんだような色をしています。晴れの日には外での活動が気持ちよく、洗濯物もよく乾きます。一方、曇りの日は室内での過ごし方もいいですし、散歩に行くと涼しいです。皆さんも晴れや曇りの日の過ごし方を工夫してみてください。