生活・教育

どう違う?「学級閉鎖」と「学校閉鎖」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「学級閉鎖」と「学校閉鎖」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「学級閉鎖」とは?

「学級閉鎖」とは、感染症や疫病の拡大を防ぐために、学級の生徒たちを一時的に学校から帰宅させることを指します。この措置は、学級内で感染が広がった場合や、生徒の多くが同じクラスに所属している場合などに実施されます。

「学校閉鎖」とは?

一方、「学校閉鎖」とは、学校全体を一時的に閉鎖し、全ての生徒が帰宅することを指します。学校閉鎖は、感染症や疫病の拡大が学校全体に広がった場合や、行政などの判断により実施されることがあります。

「学級閉鎖」と「学校閉鎖」の違い

「学級閉鎖」と「学校閉鎖」の違いは、対象範囲です。学級閉鎖は、感染のリスクが特定の学級に限定された場合に実施されるため、同じ学校内の他のクラスは通常通り授業を受けることができます。一方、学校閉鎖は、全ての学級や学年が対象となるため、学校全体で授業が中断されます。

「学級閉鎖」の例文

例えば、「学級閉鎖」とは、特定の学級で感染が広がった場合に、その学級の生徒たちを一時的に学校から帰宅させることを意味します。この措置は、他の学級の生徒に感染が広がるのを防ぐために実施されます。

「学校閉鎖」の例文

また、「学校閉鎖」とは、学校全体を一時的に閉鎖し、全ての生徒が帰宅することを意味します。例えば、学校全体で感染が拡大し、生徒全員の安全を確保するために行われる措置です。

まとめ

「学級閉鎖」とは、特定の学級の生徒たちを一時的に帰宅させる措置であり、「学校閉鎖」とは、学校全体を一時的に閉鎖し、全ての生徒が帰宅する措置です。感染症や疫病の拡大を防ぐために行われる両方の措置ですが、対象範囲が異なる点に注意が必要です。