金融・経済

どう違う?「単利」と「複利」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「単利」と「複利」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「単利」とは?

単利とは、元本に対して一定期間ごとに計算される利息が、その都度利益に加算される利率計算の方法です。単利では、利益が元本に対して一度しか加算されません。

「複利」とは?

複利とは、元本に対して一定期間ごとに計算される利息が、都度利益に加算されると同時に、元本にも再投資される利率計算の方法です。複利では、利益が元本に加算されるたびに、次回の利息計算の対象となります。

「単利」と「複利」の違い

単利と複利の主な違いは、利息計算の対象となる金額です。単利では、利息は元本に対して一度しか加算されませんが、複利では利息が都度加算されるだけでなく、元本にも再投資されるため、次回の利息計算の対象となります。

「単利」の例文

例えば、100万円の元本に対して年利率が5%の場合、1年後の単利の利息は50,000円となります。この場合、利息は元本に対して一度加算され、元本とは別に利益として受け取ることができます。

「複利」の例文

同じく100万円の元本に対して年利率が5%の場合、1年後の複利の利息は52,500円となります。この場合、利息は都度加算されながら、元本にも再投資されるため、利息計算の対象となる金額が増え、利益もより高くなります。

まとめ

単利と複利は、利率計算の方法の違いによるものです。単利では利息が元本に対して一度しか加算されないのに対し、複利では利息が都度加算されると同時に元本にも再投資されるため、利息計算の対象となる金額が増えます。