食品

どう違う?「イワシ」と「サバ」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「イワシ」と「サバ」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「イワシ」とは?

イワシは、魚の一種です。主に海や淡水で生息しており、小型の魚として知られています。イワシは栄養価が高く、日本の食卓にも欠かせない存在です。

「サバ」とは?

サバもまた魚の一種です。イワシと同様に、海や淡水で生息しています。サバは赤身の部分が特徴的であり、脂が多く含まれています。そのため、身がふっくらとした食材として人気を集めています。

「イワシ」と「サバ」の違い

イワシとサバは、外見や食材としての特徴においていくつかの違いがあります。まず、イワシは体形が細長く、銀色の体色をしています。一方、サバはやや太めの体形で、体色は青みを帯びた銀色です。また、イワシは脂肪分が少なく、比較的さっぱりとした味わいがありますが、サバは脂肪分が多く、コクのある味わいがあります。

「イワシ」の例文

イワシは、料理やお寿司のネタとしてよく使われます。例えば、「イワシの刺身」や「イワシの塩焼き」などがあります。また、イワシの缶詰や切り身も市販されており、手軽に楽しむことができます。

「サバ」の例文

サバも料理やお寿司のネタとして幅広く利用されています。代表的な料理としては、「サバの味噌煮」や「サバの塩焼き」があります。さらに、サバの切り身を使った煮物やフライも人気があります。

まとめ

イワシとサバは、海や淡水で生息する魚の一種です。イワシは細長く、銀色の体色をしており、さっぱりとした味わいが特徴です。一方、サバはやや太めで青みを帯びた銀色の体色をしており、コクのある味わいがあります。どちらの魚も、料理やお寿司のネタとして広く愛されています。